売却前にはリフォーム必要かすべきか悩むところですが実のところ

家を売る前に綺麗にしておくべきか?

管理人は自宅を売却する時に
現在住んでいる住宅ローンがあるので
次のステップが踏めないときがあり
築古の中古マンションを住みながら
内覧するという通常の内覧とは違うスタイルで
部屋を見たい購入者をお招きしました

 

住みながらなのでロングスパンで
約1年間ぐらいその生活をして
内覧希望者がいれば
お部屋の掃除という
ある意味掃除整理整頓する機会があり
今考えるとよかったでき出来事です

 

この記事のテーマでリフォームについて
長年住み慣れた自宅を売却する時に
それなりに住んだ年数なりの汚れや使用感
生活感は出てくるもので

 

 

売り出す前にリフォームはすべきでしょうか

はじめて売却する人にとっては
ここはとても気になるポイントです

 

答えを言うと

 

リフォームはしなくても大丈夫であるが
したほうがいい場合もあります。

 

 

 

とても抽象的に聞こえますが
もしあなたが中古マンションや
中古戸建を購入する時に
果たして今ある間取りが
気に入るもでしょうか?

 

物件の築年数が古ければ古いほど
現在の間取りや
生活スタイルは変わっていくものです
そんな買いたい希望の人が
リフォームするのを前提
物件を探しているならば
リフォームの必要性がなくなります。

 

 

 

 

築古の戸建てやマンションを
リフォームしなくてもよい理由の一つとして

 

間取りの昔と今の比較

 

西暦1980〜1990年代
昭和の40年、50年台のマンションは

 

同じ60u(60平米)だったとしても

 

その時代は高度成長期や人口増加なので
3DKという部屋数が多い間取りが主流でしたが

 

 

しかし

 

西暦2000年〜
平成元年から現在

 

同じ60u(60平米)なら

 

リビングを大きく15畳などにして
2LDKスタイルに共有空間を大きく間仕切りを少なくする傾向があり

 

3DKを所有している人が
広い空間の2LDKを求めるならば
リフォーム前提の購入の確率が高くなります

 

そすると解体、スケルトンになるので
リフォームが無駄になってしまいます

 

この結果だと基本的にはリフォームは必要なく、

 

どちらかというと必要のない家具はじめ
衣類、日用品、雑貨を整理し
内覧に来た時に印象良くするほうが
効果的といえます。

 

 

ただあなたの気持ち的に
綺麗な状態で渡したいと思うならば
リフォームをしてもいいと思います
または洗浄やお掃除のプロに任せるなど方法は様々

 


リフォーム必要関連ページ

売却したいと思ったら
今住んでいる家を売却したいと思ったらまず始めること
売り時タイミング
不動産を販売する時にタイミングと売れる時期について
売却金は
売れた金額がそのまま手元に残るか、税金は
内覧依頼
売却時に生活しながら売る時に内覧してもらう?
段取りと流れ
自宅を売却までの流れ
後悔しないために
売却するに至り後悔しないために抑えるべきポイント