住まい探し選ぶコツ賃貸から売買でのお家探し

内覧は必ずすべき行動

物件の内覧の必要性、
これから住むのに部屋を見るのは
必ずすべき行動です。

 

住む場所を実際にこの目で見る

 

住む場所を実際に体感する

 

 

なぜ実際に見に行く
必要があるかというと

 

 

間取り図を見ると南向きの
素敵な物件に見えても、
内覧の時に実際に見てみると
南に建物があり
日当たりが全くない場合

 

 

同じ南向きの間取りが素敵であるが
他のケースは
南に自動車の幹線道路があり、
排気ガスが凄く洗濯物を干しても
汚れるだけだとか

 

 

 

 

実際に足を運び周りの状況や
環境を知る機会は内覧しかありません、
だから内覧は行かないといけません

 

 

 

時間がかかるかもしれませんが、
内覧の回数が多ければ多いほど
理想の住まいの見つかる
確率が高くなっていきます。

内覧や行動記事一覧

内覧

内覧、部屋下見、住まい探し お部屋探しに必須なのは実際に部屋を見に行くということ、内覧自体の目的は間取りの状態と相違がないか間取りではわからない現状を見に行くこの2点になります間取りの相違ネットや不動産屋で提供している紙面上の間取り状況が図面と現状あっているか部屋そのものを見る事よく図面の下にも「図面と現況に相違ある場合には、...

≫続きを読む

 

スケジュール

仕事をしていると実際に内覧できる時間というのが限られてきますそのスケジュールをどういう風に組み合わせるかで内覧できる回数が決まります平日仕事で土日祝が休みのあなた土日が休日の仕事をしている方だと内覧のライバルが多いライバルと表現してよいのかわかりませんが同じような土日が休みの会社員の人が同じように内...

≫続きを読む