今住んでいる家を売却したいと思ったらまず始めること

自宅を売却しはじめましょう

自宅を売りに出したいあなた

 

理由は様々あると思います。

 

親と同居2世帯住宅を建てる

 

新しい住まいを探すためにローンをなくすため

 

転勤によって引っ越し

 

とりあえず売却してしまいたい。

悲しいかな離婚で別居など

 

マンションでの近隣、隣近所のトラブル

 

理由は本当に様々ですが

 

とにかく売りに始めよう、しかし何を始めればいいのか具体的にわからないものです。

 

まず不動産会社に売りますと問い合わせてみましょう。

 

事前に何か準備しなくても大丈夫です。

 

販売する時は何をすれば良いのかがわからないもので、

 

専門家にまず聞くのがいいでしょう。

 

その時に基準がわからないので不動産会社に聞いても

 

騙されているのではないかと、不安になるあなたは

 

手間ですが不動産会社を3件同時に問い合わせてみるのがいいでしょう。

 

3社ぐらい聞くと不動産の価値相場というものが理解できます

 

話を聞いてその3社とも販売をお願いする事も可能です

 

販売する時契約方法が大きく2種類あり

 

その2種類は

 

 

専任媒介と一般媒介というものがあります

 

専任媒介

これは1社独占で販売する方法、色々なメリットデメリットありますが

 

あなたのメリット
1社にまとめているので連絡する時が楽

 

あなたのデメリット
1社の販売ネットワークなので買いたいお客様にである確率が低い

 

 

不動産会社のメリット
他に販売するライバルが少ないので安心して販売に専念できる
その分広告にかけるお金も集中できる

 

不動産会社のデメリット
請け負ったあなたからの責任が重大

 

 

ということで専任は消費者、依頼側に対してのメリットは
少ないともいえるでしょう。

 

では一般媒介はというと

 

一般媒介

あなたのメリット
複数社なので販売網が広く買いたい人に出会う確率高

 

あなたのデメリット
複数社なので連絡は各会社からくるので間違えやすい

 

 

不動産会社のメリット
ひとつの物件に対して営業をかける率や機会が少なくてすむ

 

不動産会社のデメリット
ライバルがいるのでしらない間に売れているいる物件もあり

 

 

こう見ると
一般媒介があなたにとってメツットのようですが
専任媒介はそれでなりにメリットもあります。

 

スポンサーリンクス

売却したいと思ったら関連ページ

売り時タイミング
不動産を販売する時にタイミングと売れる時期について
リフォーム必要
売却前にはリフォーム必要かすべきか悩むところですが実のところ
売却金は
売れた金額がそのまま手元に残るか、税金は
内覧依頼
売却時に生活しながら売る時に内覧してもらう?
段取りと流れ
自宅を売却までの流れ
後悔しないために
売却するに至り後悔しないために抑えるべきポイント