家を販売し売却する一連の流れをしておこう

所有物件を売却するまでの流れ

実際に売却はじめてから最後までの流れとして

 

売却相談、査定依頼をする

 

販売するためにまずは不動産販売業者を探し相談をします。
その時に販売する物件の価格目安を調べたいので査定も依頼しましよう。

 

インターネットでもある程度調べれますが、ネットは目安でしかありません
というのは付近の環境や現場に行かないとわからないことは
ネットの情報は加味されていません

 

この場合地域の不動産が有力とされています。

 

 

不動産会社に売却を依頼する

 

査定が終われば売却価格の目安ができたと思うので

 

販売を始めます。

 

その時販売する時の契約が2パターンあります

 

一般媒介と専属専任媒介

 

一般媒介は多くの人が利用されていて
沢山の情報を公開する意味では
この契約方法がよく利用されています。

 

専属専任媒介は信頼できる不動産業者の人が見つかれば
この方法が連絡や手間が省けて安心できます。

 

この時自分に合った契約を選びましょう

 

販売を開始します

販売を開始する時に
指定不動産流通機構「REINS]レインズという
物件情報に登録します

 

専任、一般によって不動産の営業も変わってきますが
通常は告知方法は
インターネット、折り込みチラシ、オープンハウスなど
広く購入希望する人を探していきます。

 

内覧時に明るく広く見える工夫はしましょう。

 

 

購入希望者と条件を調整する

 

購入希望者から「不動産購入申し込み書」が
提出され、不動産会社を通して、価格や引き渡し希望時期など
調整確認していきます、この時に売却するという目的なので
購入者に対しても柔軟に対応しながら合意の方向へ話し合いましょう。

 

あくまで不動産会社の人を通して出ないと
後々トラブルの元になりますのでここは専門家に任せるべきです。

 

 

売買契約書を締結する

条件も整い双方が納得すれば、契約と重要事項説明を確認した後
買い主様に物件の状態を伝えます

 

ここではわかることはすべて伝える必要があります。
誰にうるかも重要なポイントになるので
その点も不動産会社の人と確認しましょう。

 

物件を引き渡す

買い主様より残代金が支払われると、
いよいよ物件の引き渡しになります。
この時は引っ越しの手配から、住宅ローンが残っていれば
抵当権の抹消登記なども必要
あとは自宅の鍵、マンション
集合住宅、アパートなど管理規約物件に付随する
全てのものを渡すようにしましょう。

 

 

まったく知らなくても、はじめてでも
不動産会社の人tに任せるのが安心です

スポンサーリンクス

段取りと流れ関連ページ

売却したいと思ったら
今住んでいる家を売却したいと思ったらまず始めること
売り時タイミング
不動産を販売する時にタイミングと売れる時期について
リフォーム必要
売却前にはリフォーム必要かすべきか悩むところですが実のところ
売却金は
売れた金額がそのまま手元に残るか、税金は
内覧依頼
売却時に生活しながら売る時に内覧してもらう?
後悔しないために
売却するに至り後悔しないために抑えるべきポイント