火災保険を正しく活用する申請方法

住宅の火災保険をうまく使う

火災保険を有効活用方法があります

 

 

なんだそれと疑問に思う事もあるのですが

 

戸建ての物件を購入する時
ほとんど同時に火災保険に加入します

 

 

火災にならない限り火災保険の申請をほとんど行いません

 

「当たり前でしょう!」火事になってないんだから

 

と言いたくなりますよね

 

管理人もそうでした
そんな物騒で縁起でもない話しないでと感じました

 

だから保険は万が一の時の保険だろう

 

それが一般的な共通認識

 

過去の高度経済成長期の意識が
そのまま根づいています

 

 

火災保険の位置づけは分かりました

 

それでも持ち家戸建てに住んでいる方は
修繕費などは自己負担で
十年単位でお家を修繕しないといけません
これも当たり前の共通認識です

 

なぜそんな当たり前の事このサイトで話しているか
意味がわかりませんよね


気になる方良ければ

 

 


ラインで友達登録し
トークでまずスタンプ入れて
連絡してください

火災保険の内容を案内します
「ゆいゆ式」

実は火災保険は法律と規約にのっとって

あまり知られていませんが

 

あぁこのサイトにご覧になっている方は
検索で調べてご覧になっていると予想されますので
一般的には知られるはずもありません

 

そもそも火災保険の名前は

 

火災とあるので
連想的には火事しかありません

 

しかし契約の種類にもよりますが
保険の対象は様々で
対象になるものは契約時の想像以上に適用範囲が広いです

 

 

管理人も2020年3月に実際保険を申請して
該当だったので
保険金がおりました

 

修繕に対して自費
このコロナの影響で生活費もままならない状態で
修繕の資金どうしようかと頭を悩ませていました

 

 

そして知人から火災保険有効活用の内容を聞いて
これは是非申請すべきんだと
戸建てだったので迷わず申請しました

火災保険金が下りるまでの事例

それは65歳になる戸建て物件に住んでいる方が

 

長く住み続けていて
雨樋が壊れて上手く排水できずにいました

 

 

家屋保有者:
火災保険の活用

 

「雨樋が壊れて上手く排水できない」
「でも工事費用たかいわよね〜。どうしようかしら」

 

 

申請会社代理店:
火災保険の活用

 

「ご安心ください」
「雨樋の損傷は火災保険が適応されます」
「つまり、保険金で工事できますので、自己負担一切不要です」

 

 

 

家屋保有者:
火災保険の活用

 

「えっそうなの?火災保険は当然加入しているけど」
「火事が起きたときしか適応されないと思っていたわ」

 

 

申請会社代理店:
火災保険の活用

 

「そうなんです。火災保険は火事の時のみに適用されると思いがちなんですが」
「台風や大雪などの自然災害により建物が損傷した場合も適応されます」
「保険申請に精通してプロが調査したプロが調査を行えば保険会社も認めてくれます」

 

 

 

家屋保有者:
火災保険の活用

 

「でも保険が適応されたら保険金が上がってしまうわよね」
「家計を圧迫するのは嫌だわ」

 

 

 

申請会社代理店:
火災保険の活用

 

「大丈夫です!」
「自然災害による損傷は自動車のように保険金が上がる事がありません」
「また屋根やカーポート、雨漏り、水漏れ、塀やフェンスなども破損の保険対象となります」
「調査も無料で行いますので安心してお任せください」

 

 

 

家屋保有者:
火災保険の活用

 

「あらそうなの!丁度屋根カーポートも古くなっているので同時に見てもらおうかしら」
「お願いします」

 

 

 

約1か月後

 

家屋保有者:
火災保険の活用

 

「調査も工事も無料で家が元通りになったわ」
「本当に信じられない。知っているか知らないかで大きな違いね」
「本当にありがとうございます」

 

 


気になる方良ければ

 


ラインで友達登録し
トークでまずスタンプ入れて
連絡してください

火災保険の内容を案内します
「ゆいゆ式」

基本の流れ

保険の申請から金額が手元に届くまで

 

シンプルですが

 

申請代行の会社に依頼するために
委託書類に記入し返送

 

会社から連絡入る

 

該当物件
自宅や投資用1棟戸建ての状態を
調査と下見に訪問

 

後は申請会社と火災保険会社が直接やり取りする
おおよそ一か月待つ

 

火災保険か連絡が入る
修繕該当箇所の金額を言われる

page top