建築、インテリアの素材でわかる住み心地の良い住宅、住み心地の悪い住宅

内覧や見学で住み心地の良い家、良い部屋がわかるコツ

住む前に日光や周辺の環境は見たときにある程度わかりますが

 

断熱効果、冷暖房空調の効率など、実際住んでみないとわからないと思いますが

 

住まないでも素材、建材の知識が少しあれば住みやすいかある程度わかることがあります。

 

そのポイントは

 

床素材

 

窓と窓わく

 

壁の暑さ

 

扉の開閉方法

 

それらをベースにこのようになっている法則があるので
賃貸物件の場合は条件が整っている物件は少なく

 

分譲や注文住宅の中古、建売などが主になります。

 

それらの見るべきポイントをまとめたカテゴリー

素材の違い記事一覧

窓フレーム

窓の素材で断熱効果、機能が格段に変わる 長く住む家ほど快適に住みたいのであれば窓と窓サッシにこだわれなぜこだわるかそれは断熱効果の違いがでます。住むときに気になるの居住環境なんですが快適にすごる為には一定の温度を保てることが充実した日々暮らしにかかってます。その快適さを一目で見てわかるのは窓サッシの素材です一般的にアルミサッシが普及してい...

≫続きを読む

 

天井の高い空間

天井の高い空間 注文住宅で作りとして理想的なのは天井の高い所をどうすれば建設可能か土地の広さが限られている都心部に対して天井を高く持っていくかは可能であれば1階、2階、中二階というう手段があります、天井の高い空間ちょうど階段をすべて続きにせず、途中に空間を作りそこにカウンターテーブルなど置いて3〜4畳のスぺースを作...

≫続きを読む

 

畳の見直し

畳の見直し 日本の住宅事情の変化終戦後の日本住宅のほとんどは西洋化していき戦前に比べるとかなりの数の日本家屋はなくなっていきいました。畳からフローリングの床など畳の見直し座布団から椅子へと変化していき、同時に体、体系も変わりました。畳の見直し西洋文化傾向で北欧インテリア家具などどんどん世界の文化を取り組んでいま...

≫続きを読む