売却するに至り後悔しないために抑えるべきポイント

より満足できる条件で売却するには

いざ売却を決めたら、少しでも満足できる条件で売却したいものです。

 

その為には物件の魅力を購入者に充分に伝えること

 

売却におさえるべきポイントしっておくことで安心できます。

 

そのポイントは4つあり

 

事前準備

 

時期

 

タイミング

 

売却方法

 

 

事前準備

 

マンションはじめ住宅に関する書類を一通り準備しておきたいものです

 

どんな書類を準備すればいいか
自分で準備できるものもあれば
不動産会社から準備してもらえるものもあります。

 

登記選別情報(権利証)

 

登記簿謄本

 

売買契約書

 

重要事項説明書

 

固定資産税納税通知書

 

修繕、維持管理に関する書類

 

これは専門家も合わせて書類を確認したほうがいいでしょう

 

 

時期

 

思いたったらすぐに行動を
常に物件を求める人はいます、常に出しておくことで
求める人が出会うキッカケを作るために

 

思い立ったらすぐに家を売却活動しましょう。

 

タイミング

ここでいうタイミングは買いたいという人が出て連絡が来た時のことです

 

例えばあなたが2LDKマンションを区分所有していて
売れてほしい価格が2400万円としましょう。

 

売り出してから1週間
2250万円で買いたいという人がいました。
ここであなたは
あともう少し待てば2400万円で買いたいという人が出そうだ
今回は見送ろう

 

そのまた一週間後
今度は2300万円の希望があったが
いやいや待てよもう少しと言ってまた見送ります

 

しかし2週間ほどしても誰も来ません
走行している間にその1週間

 

2150万円で希望出ましたが
もう悩みます。おれなら2300万円の時に売るんだった

 

ここで欲が出でるのもう少し待とうと思い
結局なかなか売れずじまい

 

 

この一例を振り返ると2300万円で売ればよかっただろうと思いますが

 

実は最初の2250万円で販売することが一番良い選択といえるでしょう。

 

ここで伝えたいのは買いたいという人がいれば
金額は希望の8割ぐらい満たしていれば
はやく手放すほうが良いということ

 

これは売却の目的はお金ではなく、

 

目的があり、その目的のために売却するt考えるべきえしょう。

 

 

 

売却方法

 

仲介と直接買い取り

スポンサーリンクス

後悔しないために関連ページ

売却したいと思ったら
今住んでいる家を売却したいと思ったらまず始めること
売り時タイミング
不動産を販売する時にタイミングと売れる時期について
リフォーム必要
売却前にはリフォーム必要かすべきか悩むところですが実のところ
売却金は
売れた金額がそのまま手元に残るか、税金は
内覧依頼
売却時に生活しながら売る時に内覧してもらう?
段取りと流れ
自宅を売却までの流れ