売れた金額がそのまま手元に残るか、税金は

自宅が売れたお金はそのまま残る?

自宅の所有する不動産を売却した時

 

その後にかかる費用はあるのだろうか?

 

売れてからも気になるポイントです。

 

 

そう売却してから次に家を買う資金にもしたいので

 

一体どれぐらい手元に残るのだろうか

 

 

必ずかかる物件売却費用

 

諸費用

 

手数料

 

税金

 

この3点は必ず必要な売却の為の金額です。

 

諸費用

 

登記を手配する時には司法書士の方が必要になり
その時に登記費用としての金額

 

手数料

 

不動産を売却、販売する時に不動産業者の方が必要になります
その販売する時の販売手数料、物件価格の3%とプラス6万円と言われています。

 

 

税金

 

税金は利益が出れば確実に出てきますが
3000万円迄の特別控除などもあるので
不動産業者の方など相談するといいでしょう。

 

 

数字を例に挙げてみると

 

3000万円でマンション3LDKを購入しました
ローンを払い続けて

 

残高が2300万円になり

 

販売を2500万円で売れた場合

 

ローン返済して
手元には200万円と思いますが

 

ここから諸費用、手数料、税金など考えると
この場合ほとんど手元に残らないケースともいえるでしょう

 

購入した価格と同じかそれ以上に売れるケースは稀で

 

ほとんどは良くて7、8割といったところだと思います。

 

 

時代にもよりますが
売却する時は値段設定とあなたがどうして販売が必要か
よく吟味し考えたのちの答えを出さないと

 

最悪のケースはローンを払いきれず、
借金だけ残る場合もあるのでそこの収支だけはご注意

 

まとめ

とはいったもののローン残高、売却する理由、不動産業者の選定
これに注意をしスタート知れば後は売れるのを待てばよいです

スポンサーリンクス

売却金は関連ページ

売却したいと思ったら
今住んでいる家を売却したいと思ったらまず始めること
売り時タイミング
不動産を販売する時にタイミングと売れる時期について
リフォーム必要
売却前にはリフォーム必要かすべきか悩むところですが実のところ
内覧依頼
売却時に生活しながら売る時に内覧してもらう?
段取りと流れ
自宅を売却までの流れ
後悔しないために
売却するに至り後悔しないために抑えるべきポイント