既成戸建て建売のメリットデメリッそのバランスを見てみてる

良い建売住宅の選び方のコツ

建売の戸建てを購入する時には何を
基準にするか

 

マンション住まいより戸建てが好み、
けど注文住宅程こだわりはなく
価格を安くしたい。

 

そういわゆるマンションの
つくりでもいいのだが
隣接する隣の部屋の距離が気になったり

 

窓が全方位ある住まいがしたいなど
更には戸建てが最終的に住みたい

 

そういった思いで購入するあなた

 

 

建売の戸建の注意すべき点

抑えるポイント必要があります

 

注文住宅と違い土地の状態や
構造上見えない部分が
目で見て確認ができない事です

 

 

 

悪い例としては
壁紙の色や外見
見た目の印象で好きになり
購入し住んでみて
意外な盲点に気づくことでしょう。

 

 

 

具体的にどんなことかというと
実際に住んでみると、
冬は寒い、夏は暑いなど
壁の厚みや窓のフレームが
アルミサッシであるなどという事は
必然的に空調や換気が上手く
設計されていない事にあります。

 

 

 

窓のサッシは
完全樹脂サッシか
木のフレームでない限り
結露ができやすく
気密性が失われます

 

 

 

建売は基本メーカー既製品の
組み合わせで家を建設しているために
予算や販売価格も兼ね合いもありますが

 

製造するメーカーによって素材の
違いがかなり差が出てきます。

 

 

良い建売住宅を購入するのは
素材、空調の知識がないと
失敗する住宅選びの可能性が高いです

 

そのほかは
周辺の土地がどういう状態か
これは建売でなくても
戸建ての必須条件でもあります。

 

 

 

スポンサーリンクス

建売戸建て関連ページ

戸建て新築注文
自宅を購入する際に物件の種類
新築マンション
新築マンションを購入する時に何を注意するべきか
中古マンション
中古マンション、賃貸と購入するには
リノベ
リノベーションはとてもコストパフォーマンスに優れる物件