新築マンションのメリットデメリット

新築マンションはこう考えればメリット

新築マンションの購入時に気をつけたい注意点

 

住むにいたり新築の価格で購入してる分
新築マンションは問題はほとんどありません。

 

やはり新築だけあって、設備の不具合などの故障する率が低く
保証期間も長いので購入時は入居時や築1年以内は大丈夫です

 

価格の問題もありますが
立地、どの場所に建っているかある程度選べ
情報が早ければ早いほど空き室が多いので
部屋の階数、間取りが選びやすい
それが新築のメリットで、東京の豊洲、有明は高層マンションが立ち並び
高層階は人気ですぐに売り切れるという情報もよく聞きます、

 

 

 

新築は入居時や築2〜6年以内は
金銭面でも管理費、修繕積み立てなども
負担が少なくここが新築、築浅、築古の差です

 

 

その分中古土地が最初の購入価格は高いです
一般的に登記を一度でもされている物件だと
新築の状態でも査定は中古扱いになるので
新築でも登記されている物件は金銭的にメリットあります。

 

こう見ると
新築は価格が高いという問題はあるにしろ
それをクリアすると居住環境はほとんドクリアーします
特に2011年の東日本大震災以降
地震に対しての意識が購入者も建設者も意識しているので
免震、耐震なども必須で災害対策が整う
50や100世帯クラスのマンションともなると
設備が充実しているばあい全戸の食糧、水、
身の回りの生活する防災グッツも常備されているマンションもあります。

 

新しく建築されているのでその時代に合った建築と
その便利なツール、宅配ボックス、託児所、
共有プール、温泉、スポーツジムなど
色々な付加価値もあるメリットそれが新築のマンションのだいご味でもあります

 

スポンサーリンクス
page top