マンション、戸建て、リノベーション新築その組み合わせと選択

リノーベーション物件の魅力

リノベーション物件の流行

 

リノベーションがなぜ好まれるようになったかというと
ほとんどの人は新しいものがこの好みます

新築の方が断然良いですが
価格や家賃が高いという難点があります。

 

入居する時も
誰かが使用した部屋ではなく
未使用の新しい状態がいいですよね

 

この未使用新品をあなたが初めて使う
その感情たとえるなら
飲食店のオープニングスタッフは
通常のアルバイトと違う特別な感覚があります

 

その心境に近いといえるでしょう

 

 

それなら中古で価格が安い物件を

 

新しくリフォーム、

 

リフォームよりリノベーション

 

リノベーションをさらに

 

スケルトンしてフルリノベーション

 

こうすることで部屋の中は新築状態になり

 

中古なのに新築の気分ですめます。

 

これは東京などの地価が高くて、土地のスペースが無い地域で

 

新たにマンションなどが立て直せない条件で
築年数が古い建物でも十分住める環境なら
リノベーション、リフォームなどすることで

 

築年数が古いという問題点をほとんど解決してくれます。

 

勿論一軒家でリノベーション
有名なテレビ番組の
劇的ビフォーアフターのような
リノベーションというのも実際あります。

 

テレビ番組の例に上げると
家の躯体だけ残して、ここまでしたらどうして
立て直さないの?という疑問は出ますが

 

建て直しとリフォームの大きな違いは
廃材などの処理にもお金がかかるという事
リフォームも勿論廃材は出ますが、
最低でも躯体分は廃材が出ずに
しかもリサイクルしやすい

 

リノベーション、リフォームは新たに命を吹き込みイメージで
築年数が古いとはいえ、手入れがしっかりされていれば
基本50年は最低持つといわれ
しっかり点検、補修、手入れしていれば80年や100年は保たれます
実際に日本家屋なら江戸時代や寛永時代など
100年200年も続いている家もあるぐらいで

 

経済が盛んになり、西洋文化も入りだした
建築物もかわってからも、表参道にあるマンションも築50年以上も
かなり多く、文京区も50年経過した建物もよく見られます

 

勿論千代田区、渋谷区、
墨田区、台東区の下町にもかなり多く続けられ

 

リノベーションの最大の利点は現代的なデザインと機能にしながら
古きよきものを維持する、そんな一つの手段にも思えます。

スポンサーリンクス
page top