ロフトやテラス風ダイニングは明り取りの効果

天井の高い空間は1.5階の感覚

注文住宅で作りとして理想的なのは

 

天井の高い所をどうすれば建設可能か土地の広さが限られている
都心部に対して天井を高く持っていくかは
可能であれば1階、2階、中二階というう手段があります、

 

天井の高い空間
天井の高い空間
ちょうど階段をすべて続きにせず、
途中に空間を作りそこにカウンターテーブルなど置いて
3〜4畳のスぺースを作るなど、
そうすることで天井を高くとりやすい図面、レイアウトにしたり

 

 

天井の高い空間
または140センチ以下の空間は建蔽率として計算されず、
ロフトや物置などの荷物を置くスペースとしても活用できる

 

4〜8歳ぐらいの130cm未満の小さい子供がいると
子供隠れ家としても遊び心があり、よい

 

このように縦の空間を活用する方法は沢山ありますが、
構造上の問題もあり蔵的な空間を利用するのは
狭小住宅には必要不可欠な手法になります。

 

 

賃貸はワンルームのロフト付きが代表的な空間利用になるでしょう。

 

ただワンルームの場合は寝るとき
ロフトに上がりにくいということ
階段ではなく梯子が上り下りがしにくく

 

夜急にトイレに行きたい場合や、
朝荷物が届いて受け取るためにインターフォンはじめ

 

いちいち上り下りが必要なので、
ワンルームの場合は友人か知人が尋ねてくる以外は
ロフトはあまりお勧めできない

 

天井の高い空間は精神的に、発想やインスピレーション
直感を養うにはいい環境の部屋の作りになります

 

 

一番効果が高いのは
明り取りが有効活用できるところがポイントです

スポンサーリンクス

天井の高い空間関連ページ

窓フレーム
窓の種類で住宅が劣化しにくく、空調が整い住まい環境が良い
畳の見直し
日本の文化である畳を近年海外から見直しされて新たな空間つくりとして利用されている