新しい畳の使い方をする部屋の間取り方法

畳の新しい使い方

日本の住宅事情の変化

 

終戦後の日本住宅のほとんどは西洋化していき

 

戦前に比べるとかなりの数の日本家屋はなくなっていきいました。

 

 

畳からフローリングの床など

 

 

畳の見直し
座布団から椅子へと変化していき、同時に体、体系も変わりました。

 

畳の見直し

 

畳の見直し
西洋文化傾向で北欧インテリア家具など

 

どんどん世界の文化を取り組んでいましたが

 

最近見直されている日本の良さ

 

フランスやヨーロッパでも日本の禅の考え方から

 

ミニマム、無駄を省く生活思考がひろまり

 

 

日本国内のインテリアももなおされてきました。

 

そう畳の部屋ですね、昔のような畳の使い方はせずに

 

表現するならば畳の空間をつくるように

 

部屋自体がすべて畳ではなく、フローリングの一部が床上げで
畳のスペースで仕切られ

 

おおよそ部屋全体の4分の1や3分の1に値する畳空間が作られています。

 

地べたの畳ではなく、ソファーや椅子的な感覚に近い仕様で

 

主に琉球畳が利用され、畳をあえて色違いにして
見た目はフローリング床の感覚にも似ているインテリア

 

フローリング感覚の畳の空間が使われる

スポンサーリンクス

畳の見直し関連ページ

窓フレーム
窓の種類で住宅が劣化しにくく、空調が整い住まい環境が良い
天井の高い空間
狭小住宅こそ天井や高さの有効活用が必要