部屋の間取りで吹き抜けはあれば贅沢な空間

吹き抜けの間取り

天井の高い部屋とは少し違う吹き抜けの間取り

 

言葉だけだと似ているよですが

 

 

吹き抜け

 

 

吹き抜けは1フロアー上層階を空間にしています。
吹き抜け

 

 

天井が高いのは1フロアーに収まっており
天井全体が高くなっている状態
吹き抜け

 

写真のように2階部分がそのまま天井まで続いており
吹き抜け
贅沢な空間と言えます

 

しかしメリットだけではなく
デメリットもあるのでここは見極めましょう

 

メリット

空間の贅沢、それは物質的な要素よりも精神的な要素が高く
一説では天井の高い部屋に住んでいる人は
芸術的な発想をはじめ、頭の回転が速くなる傾向があると言われています。

 

そのほかに照明の美しさ他の家と違うという区別、優位性などあります

 

デメリット

 

空間が広くなるという事は必然的空調、暖房効率が悪くなります
サーキュレーターやシーリングファンを利用しないと
寒いときは特に天井に熱気が上がるので
空調管理は重要

 

掃除がしずらい
日常的に手が届かないところに壁や窓があるケースが多い為
頻繁に掃除がしにくくなります。

 

まとめ

吹き抜けはこだわりが明確にない限り吹き抜けはあまり選ばない方がよいでしょう。
インテリア的に、空間的に天井の高いことが必要な場合は
取り入れる事で生活が楽しくなる事間違いがありません。

スポンサーリンクス

吹き抜け関連ページ

テラスは庭
贅沢な空間の中庭またはパティオとも呼びます イタリア風な家の作り
パティオ
とても贅沢な空間の中庭スペース
天井が高い部屋
吹き抜けとは違う天井の高い部屋
土間
外と家の中を繋ぐような不思議な空間