不動産売買をする前にキャッシュフローゲームで疑似体験しておきましょう

不動産投資は疑似体験すべき

住まいを探す時に賃貸購入かに分かれますが
消費者目線ならこの二つしかありませんが

 

 

不動産に関しては、
購入する以外にも
販売する方法があり

 

 

諸事業により所有している自宅を
住まない様になると家を販売するという

 

処分する為
売る手段としての販売方法と

 

不動産投資の為
家を販売する考えでは
感覚がかなり違ってきます。

 

 

 

言葉遊びに近いんですが

 

 

住宅

 

住む

 

 

自宅

 

不動産

 

 

この違いは印象が変わります
管理人独断の判断ですが
上は賃貸的な感覚で
下に行くほど投資のイメージが強くなります

 

 

不動産の売買をする時は
知識より感覚が重要になり
実際に住まいは
動かす感覚は
このゲームから学びました

 

キャッシュフローゲーム

不動産を購入する疑似体験

 

このゲームは純粋に
不動産の動かし方を
感覚的に学べる内容になり。
どう進んでいけばいいか理解できます。

 

 

ただし基本の法則に乗らないと、
しっかりした不動産投資が
感覚が得られません

 

きっちりした法則とな何か?

 

 

その法則は
ゲームの中の条件としては
プレイヤー同士の
シェアになります。

 

 

ゲームですることは内面
自分だけが感じた事なので
それをシェア誰かに伝える事で
自分の知識として定着します。

 

 

なんでもそうなんですが感覚的な知識、
厳密にいうと疑似体験していいると
判断に迷いだ出ません。

 

 

この迷いがあると

 

良い不動産物件に出会ってもわからず見過ごしたり

 

悪い不動産物件に出会ってもわからず購入したり

 

投資をする以前でも
このキャッシュフローゲームは
体験しておいた方がいいのではないかと思います

 

 

管理人もこのゲームのおかげで
消費者金融の借金ももちから
自宅の持ち家を購入し
販売したのちにそのお金で
投資物件を購入することができました。

スポンサーリンクス