地震にも強くなった在来工法で間取りリフォームの自由度が高い

在来工法

スタンダードな日本で建築工法

 

昔からある日本家屋の工法のほとんどが
この在来工法でことわざでもあるように
一家の大黒柱というように
柱を起点にして屋根を取り付け
壁を作る建築方法で
2バイ4の壁が柱の役割になること違って

 

極端に言うならば壁が無くても
家が自立する状態をいいます
2バイ4は広い空間を作りやすが

 

在来工法はどうしても
構造の強度に柱が必要になるため
広い空間を作るのに構造計算が必要になり
うまく柱の配置がいります

 

 

しかし2×4と違い
リフォーム性能が高く
柱さえ残せば2部屋だった間取りを
1部屋に変えたり3部屋の間仕切りを
一つの扉の無い空間にしたり
部屋の間取りの切り替えはしやすく

 

2×4に比べて木材量が少ないので
比較的安価で家が建てやすいのは特徴です

 

スポンサーリンクス

在来工法関連ページ

2×4工法