ツーバイフォー住宅のメリットデメリットを実際に住んでみて分析

2×4工法

住宅の建築工法にツーバイフォー工法という建て方があります。

 

日本はもともとの在来工法

 

大黒柱を中心とした建築方法が主流でしたが
近年このツーバイフォー住宅を
取り入れる工務店が出てきたのもあり
2×4の住宅は増えつつます。

 

管理人もこのツーバイフォー工法での住宅に住んでいますが

 

その考えかたや特徴に納得ができて
とても住みやすい一軒家です。

 

2×4工法

 

 

ツーバイフォーの特徴

いままでの在来工法が主流だった日本にたいして

 

ツーバイフォー工法は
一体どんな特徴があるかというと

 

一言でいうなら地震に強い家

 

その理論は力を分散して建てている

 

通常の在来工法は軸となる柱があり
一般的にはその1本の柱が2000kg
2トンの重量を支えれると言われています。

 

それに対してツーバイフォー工法は
一本の柱が500kgの重量を支えます

 

「えっ!2000kgと500kgだったら少ないじゃない」

 

そうですその通りなんです

 

じゃなぜ地震に強いかというと

 

イメージの表現にはなりますが
工法と言われるように

在来工法は

正方形の家の空間が
四隅各1本と中央に1本と

 

合計5本の柱で建物を支えます

 

2000キロ×5本=25000キロ

 

ツーバイフォー工法は

この500kgの柱のピッチが多く
例えるなら
同じ正方形の家の空間であれば
6倍ぐらいの30本を使い
構造計算によっては中心の柱がないデザインも可能

 

数字の計算でも

500キロ×30本=30000キロ

 

同じ空間でも5000キロの耐荷重の差が生れます
この数字はあくまでイメージの数字ですが

 

ピッチが狭いというのも一つの特徴ともいえます。

 

強度を強めたいとき
2×4工法
画像にあるように柱を数本重ねる
4本の2インチ4インチの木材を4本並べているので
これだけで2000kgの耐荷重があるという事

 

 

 

2×4工法

メリットとデメリット

メリットとしては

 

耐久性が強く地震に強い

 

柱が無くても構造計算が合えば
中央に柱が無くても良いイコール

 

広い空間づくりができる

 

木の厚みがあるので火災にも強い

 

 

 

デメリットとしては

 

木材の量が多いのコスト値段が高め

 

空間のリフォームがしにくい

 

よくある1000万円代の戸建というセールスをみますが
ツーバイフォー住宅の木材の量を見て
その価格ではあり得ると納得しました

 

どこを基準におくかで変わりますが

 

スポンサーリンクス

2×4工法関連ページ

在来工法
日本のスタンダードな建築方法で使い勝手良く日々進化する工法