住まいお家探しの事例1R、1K、1DK、1LDK

お部屋探し事例の体験談

結婚が決まり
2人で暮らす部屋を探すことになりました。
お互いに地方から上京して
一人暮らしをしているので、
住まい探しは初めてではありません

 

 

 

特に私(女性)は上京してから
2回引越しをしているの、
彼よりも物件を選ぶコツは
多少分かっています

 

 

今回部屋を探すにあたり
本来なら2DK以上の物件が希望なのですが、
2人の職場が都心にあるため
職場の近くとなるとどうしても家賃が高くなってしまうので、
家賃の安い1DKで探すことになりました。

 

 

 

まだ先の話ですがいずれは
家を購入したいと思っていて、
その資金をためる必要があること
また2人とも仕事が忙しいので、
平日は家に帰って寝るだけなので
広さを諦めました。
譲れない条件は、以下3つです。

 

 

すぐ近くに駐車場があること。

 

最寄駅から徒歩15分以内であること。

 

職場から1時間以内であること。

 

 

住まい探し1日目。

 

まずは希望する駅の不動産屋さんに行きました
築30年の古いアパートから、
築浅のマンションまで
思っていたよりたくさんの物件があり

 

そのうち2件の内覧に行くことになりました。

 

 

 

内覧1件目

全ての条件を満たすが
築10年とは思えないくらい
設備や内装全てが古い。
かなりテンションが下がったので
ここは却下。

 

 

 

 内覧2件目

駅からバスもしくは徒歩25分と遠いが
静かな環境で部屋もきれい
1件目と同じ築10年とは思えない。
第1候補とする。
別の日にも内覧に行きました。

 

 

 

 内覧3件目

築25年で外観はかなりボロボロだが
内装はリフォームしたばかりで
新築マンションそのもの
設備も最新。1DKでなく2DK。
内装はかなり魅力だが
とにかく外観が古すぎて気に入らず。

 

 

 

内覧4件目

通勤時間が1時間以上かかってしまうが
築3年、駅近、オートロックマンションと
物件自体はかなりいい。
急行の止まらない駅なので
家賃も思ったより安く、好印象。
通勤時間が気になるが、おそらくここに決定。

 

 

 

選ぶコツとしては、100%希望にそわない物件でも
まずは見てみる、内覧してみる、ということだと思います。

 

これは、私たちのように住宅を購入するわけではなく、
仮の住まいを探す場合に限りますが。
時期によっては、保留にしているうちに
他の方が契約してしまうケースも多いと思うので
短期間でたくさん見て、早めに決断できればよいかと思います。

スポンサーリンクス