マンションの高層階はメリットとデメリット

高層マンション

都心特に東京に多くある
高層マンション

 

そもそも高層と言われる高さはどれぐらいから
何階からが高層マンションと呼ばれるのでしょうか

 

厳密な定義は法改正により時代とともに変わっていき
31メートル以上は高層と呼ばれれ
階層の目安としては昔のマンション
旧建築法昭和57年以前などみると
8階が最上階のパターンが多く
それ以上9や10階以上は高層という分類と捉えれます

 

 

2000年台では高層マンションといえば
30階クラスの階層のイメージあり
代表的な場所としては
東京の六本木ヒルズ
東京の芝浦アイランド
東京の有明など
埋立地の場所に多くあるようにも見られます

 

 

高層マンションのメリット

メリットというか高層マンションの一番の特徴は
なんといっても景色が全貌できる
都心なら電気やイリミネーションなどによる
夜景がワイドビューで見やすく

 

埋立地に建設傾向が多いので
いわゆるオーシャンビュー海なども日中は見やすい
景色という低層階や一軒屋では必ず味わえない
最大のメリットがあります

 

その他は近隣の音がしない
高層マンション30階ともなると
地上から100m近くの高さがあるので
当然お隣さんの存在がありません

 

地上を走っている車のアイドリングや走行音
人の話し声その他生活音というのが
そもそも人が住む高さでないので
そういった騒音は近隣の環境が無いので
隣人のトラブルさえなければ静かな空間であります

 

 

 

 

スポンサーリンクス

高層階関連ページ

1階の立地
マンションでの低層階1階の場合
角部屋
マンションでの角部屋と真ん中の部屋の違い好みによって選ぶ