お部屋選びの順番住まい探しをする前にちょっと決めておきたいこと

住まいの条件を決める

お部屋探しのコツ

 

あなただけができる
こ希望の間取りや
立地など確認する

 

 

その希望する内容を
優先順位は2つにまとめる

 

それは無理という人でも最大でも4つまでに
絞り込んでるのが理想的でしょう

 

優先順位をなぜ1つにしないかというと
住まいは実際に住んでみないと
わからないことが沢山あります。

 

そんな時に1つだとそこに固執して
物件の落とし穴と良いところ
同時に見落とす確率が高くなります。

 

 

それに1つだけになると情報にヒットする数
相性の合う物件の確率が圧倒的に少なくなり
本来見るとあなたにぴったりな物件も
出会えないかもしれません。

 

インターネットの不動産サイトも
お部屋選びのこだわりのチェック項目も複数あります。

 

そのように選ぶ項目というのは実際に複数あります

 

 

 

2つ以上にする理由は

 

極端な選択方法は2つの条件が
揃っている良い部屋に出会えれば、

 

それはあなた自身の中で
住みやすいお部屋に90%近く当てはまり。
その分悩む手間が省けます。

 

 

家賃なのか

 

駅近なのか、

 

部屋の広さなのか

 

または

 

エントランス、

 

風呂トイレ別、

 

南向きのベランダ日当たり

 

色々ある項目に是非悩んでみてください。

 

 

注意としては

 

引っ越しシーズンの3、4月、9月、12月などは

 

部屋を決める事に悩んで、自宅に帰ってから
不動産会社に連絡しても、次の住みたい人があふれて

 

再び悩んで時間置いた後に以前で見た
住みたい物件が無くなっているケースが
結構な確率であります。

 

悩む時間を要して、その部屋がなくなることを避けるためにも
住みたい条件の優先順位は明確に
最低でも2〜4個はしっかり出しておくべきですね。

スポンサーリンクス

優先順位関連ページ

情報のリサーチ
お部屋のイメージを決めておこう
部屋の条件まとめ
お部屋選びに迷わないコツ部屋のひ