住まい探しをする前にちょっと下準備にリサーチ

事前に物件情報を知るには

不動産屋に行くのもいいが、
より良いのは自分でネットなどで
事前にリサーチし調べておいたほうが
より良い物件に出会います、

 

 

なぜなら不動産屋で条件を伝えれば、
おすすめの部屋をまとめてくれるのですが、

 

不動産仲介の人の情報は確かに豊富ですが、

 

それとあなたの情報が加われば

 

より豊富で判断しやすい
物件情報になると思いませんか?

 

 

あと不動産屋さんは人にもよりますが、
基本は自分が住まない、
もしくはあなたの環境と違うので、
あくまで間取りや情報の中の
一つという視点で推薦します。

 

この時に住んでみないと分からない、
実際に足を運んで
現場を見てみないと分からない

 

その部屋、建物、物件のデメリットや
立場からするギャップが生まれるでしょう

 

 

 

そして住まいは一度落ち着くとなかなか移動できないので
物件選びは慎重情報を集めた後に、

 

あとは直感感情でここがいいというお部屋にめぐり合うので

 

それまでの下準備をしておいたほうがいいでしょう。

直感は意外に大事な要素

最終的にはこの直感というのが
結局住みやすいかどうか
その人の鼻、肌感と表現すべきでしょうか

 

どんなに仕事が忙しくとも、家に帰って眠る
休みやリラックスする場所なので
立地条件、日光関係よりも

 

直感で

 

「あ〜なんか居心地良いな〜」と感じたならば

 

その感覚はほとんど間違いないと思います。

スポンサーリンクス

情報のリサーチ関連ページ

優先順位
お部屋のイメージを決めておこう
部屋の条件まとめ
お部屋選びに迷わないコツ部屋のひ