住宅ローンの審査基準、審査が通りやすい人通りにくい人の差

住宅ローンの審査基準は

マンションにしろ
戸建にしろ

 

一括現金で購入する人は
この記事には無縁の内容ですが

 

 

ほとんどの人は住宅ローンを
利用してマイホームを購入します。

 

そのローンにはもちろん審査があり
この家が欲しいという願望があっても
お金の問題ローンの審査が
通らないと購入できません。

 

 

その審査でローンが通りやすい人とそうでない人と
さらに通りやすい金融機関の差を比べてみましょう。

 

 

 

※先にもうしげておくと
この内容は確実性のあるものではなく
あくまで個人の主観や経験上の問題で
実際の審査基準とは異なります。
参考という事で捉えてください。

 

 

 

 

ローンの通りやすい職業

 

公務員

日本の中で一番ローンの審査が
通りやすい職業と言えます。
日本国、国自体が運営をしているので
ある意味公務員がいなくなくなれば
ローンという仕組み自体も無くなる

 

 

働き続ける限り、仕事がなくなるリスクが無いので
金融機関お金を貸す側としては安心できます。

 

 

 

勤続年数と何年働いているか
その内容で多少は誤差あるものの
年金の支給もしっかり保証されているので
完済が定年後でも比較的安心できます

 

 

 

司業

司の付く職業

 

裁判官

 

弁護士

 

司法書士

 

医者

 

エリートジャンルの職業
エリートだからではなく人がいて
社会の仕組みがある限り
必要とされる職業で
公務員に近く務めている人と
個人で経営されてる人では
審査の基準が変わります。

 

 

インフラ企業

 

水道

 

電気

 

ガス

 

電車バスなどの交通期間

 

通信会社NTT、ソフトバンク、KDDIなど通信会社
生活に必要とされる
物サービスを扱っている会社
JRは以前は国鉄と国の運営でしたが
民営化されても私鉄と違い
全国に路線が張り巡らされています

 

都市部など地方、田舎などの
地域差があまり関係しない職業で
安定収入が見込めやすい為
ローンの審査基準が通りやすい傾向です。

 

司業とインフラ企業は
ほとんど同じくらいの基準と言えるでしょう。

 

 

一部上場企業

東証一部株式の企業
自動車販売のTOYOTA
公式に株、出資を募り
経営の資本を集めている会社で

 

会社以外に資本もあるため
倒産しにくいという理由で
審査にとおりやすいひとつでもあります

 

 

中小企業

ここの企業で務めている場合
審査が厳しくなってきます。
実際に物件の価値と
会社の業績勤続年数の長さと
定年退職年数などの
詳細な基準が反映しやすく

 

金融機関の種類によっては
審査に通過しない場合もあり
国民の半分から7割以上は
ここの会社員のパターンが多いでしょう
不動産を購入するときよく耳に言葉で
頭金や準備金など必要になります

 

 

個人経営

城の主で起業し世間的には
代表取締役や社長など肩書き
響きは良いものの
金融機関系の審査はシビアに見ます。

 

 

実は一番審査に通りにくい
職業でもあり極端に言うならば
契約社員の方が
審査に通る場合もあります。

 

 

個人経営のローンとして
社長個人でというよりも
法人化して会社で組むほうが効率的ですが
これも事業の業績で健全な経営され
税理士などしっかり雇っている
状況によってもも変わってきます。

 

 

一つの目安としては起業してから
最低3〜5年は経過しており
従業員数は50名以上など
超えることが一つの目安ともなります。

 

 

 

 

まとめ

会社員であることが
クレジットカード、車のローン、その他のローンも
住宅ローン、投資用ローンも
すべて通りやすいといえるでしょう。

 

転職する前に、独立する前に
ローン審査をしておくほうが良いですね

スポンサーリンクス

審査基準関連ページ

住宅ローン見直し
不動産で住宅を購入する人にて人生で必要不可欠で一番大きな買い物
金利と物件
不動産は人生で必要不可欠で一番大きな買い物
金融機関別
金融機関で審査の基準が軽かったり
雇用形態別
ローンの審査が通りやすい雇用形態
1000万円台の家の秘密
広告のPRでよくある格安の1000万円台の家の落とし穴