生活する上で大事な家賃や住宅ローンをよく知ろう

金融機関のそれぞれのタイプと審査のと取りやすさ

ローンを組む会社や機関にはそれぞれの特徴があります。

 

ローンが通りやすい金融機関

 

フラット35

 

ファイナンス系銀行

 

地方銀行

 

都市銀行

 

 

 

 

フラット35

全宅ローン株式会社
民間化してあるものの
実質は国のローンに近く

 

 

一定の収入が確保できていれば
極端ではあるがアルバイトの人も
通る可能性を持っていて
派遣社員という雇用形態も
比較的審査に通過しやすく

 

 

 

ある意味では返済能力が見込めれれば
借りれるといってもいいでしょう

 

優遇制度10年間はマイナス1%の金利など
色々特典もあります。
管理人の数件購入し
今の家がフラット35というローンプランになります。

 

 

 

ファイナンス系銀行

どういう会社かというと
金利は他行に比べて高いですが
審査に通らなかった人でも通る場合の多い
総金利が高い分利益の回収が早いので
企業にとっても短期でリスク回避でます
参考までにどれぐらい
金利が高いかというと3・9%など
投資用の金利レベルもしくわそれ以上

 

 

 

地方銀行

全国展開をしていない
地方地名がつく銀行が多くみられます

 

 

東京都銀行これも全国の印象ありますが
東京都という地域に向けた銀行
他は市の名称で横浜銀行
独自の名前を使った場合
八千代銀行など
金融機関別

 

 

同じ立ち位置に
信用銀行や信用組合と名前が付く場合もあります
この地方銀行は営業の人が
担当の人によって審査の左右されるところもあります

 

 

 

都市銀行

全国展開している銀行
三菱UFJ
三井住友
みずほ銀行
りそな銀行

 

今だとカードローンの
母体にもなっている誰も知っているレベルの銀行
審査はシビアです

 

ある意味通帳上の数字のみで
ローンの審査が左右し
ある意味徹底しているので
厳しい分借りる方も知名度的な安心感を得れます

 

 

スポンサーリンクス

金融機関別関連ページ

住宅ローン見直し
不動産で住宅を購入する人にて人生で必要不可欠で一番大きな買い物
金利と物件
不動産は人生で必要不可欠で一番大きな買い物
審査基準
住宅ローンの審査基準、審査が通りやすい人通りにくい人の差
雇用形態別
ローンの審査が通りやすい雇用形態
1000万円台の家の秘密
広告のPRでよくある格安の1000万円台の家の落とし穴