オリンピックに向けての住宅販売ドラマ

ドラマと同じかもしれません

北川景子主演で贈る、7月期放送の日本テレビ新水曜ドラマ「家売るオンナ」。
千葉雄大、仲村トオル、イモトアヤコらが参加する事が明らかになった。

 

ドラマからくる住宅販売事情

 

2016年夏2020年の東京オリンピックを4年後に控え、
住宅売買競争が激しい東京、関東の不動産事情。

 

主人公となる天才的不動産屋、三軒家万智
扮する北川景子

 

「わたしに売れない家はない」

 

彼女の営業方法でどの客でも
必ず家を買うと言われている。

 

人生最大の買い物である住宅を題材に、
感動的に演出しセールス、その自分の家を購入するというフィルターを通して
人生のドラマを描くシナリオになっています。

自宅を購入する人の家庭の事情は様々

このドラマの様にマイホーム

 

マンションにしろ建売にしろ
人生の中の一番大きな買い物であることには間違いありません

 

そ各家庭の事情は様々、
大体は家族が増えるときに
部屋が手狭になったとき
賃貸に引っ越すなら
一層の事購入しようか

 

 

家族が再度終結する時に
実家の家を立て直し
核家族から3世帯に戻り
大きな家に住見直す

 

それぞれが事情を抱えていますが

 

2016年の今不動産価値はあがるタイミングなのに

 

金利はマイナスという時期なので
購入するタイミングといえるでしょう。

 

も少し安くなるまでなど考えても
これ以上に1%以下までは下がらないと思うので
今でしょうという感じです

 

 

しかし実質的な物より
問題なのがローンお金資金の調達が問題です

 

これがクリアすれば家を購入するというのは
さほど問題はありません。

 

最もローン審査が通りやすいのは
会社員であること、一見高収入の自営業者が良いと思われがちなんですが「
その逆です、自営業者のほうが通りにくい

 

士業といわれる職業は別ですが
このローンの問題もドラマに出てきそうな気配がします

スポンサーリンクス

家売るオンナ関連ページ

新築と中古
住宅を購入時は
不動産は人生で必要不可欠で一番大きな買い物
住宅購入は忍耐力必要
いい物件に巡り合うまでは探し続ける